Profile

 

 SATOCO★パントマイムアーティスト

近畿大学 文芸学部芸術学科 演劇芸能専攻 演技コース卒業。

学生時代は、大阪の劇団に所属し、役者として数々の舞台、TV、CM、映画、イベント等に出演。(主な出演歴:舞台版少年サンデー「うしおととら」・NHK朝の連続TV小説「芋たこなんきん」・CM「典礼会館」・「轟轟戦隊ボウケンジャーショー」MC 等)

2008年にカナダへ渡り、マイムアーティスト、振付家の平野弥生氏に師事。

Vancouver Fringe Festivalにてマイム舞台のオーディションに通過し、出演を果たす。それを機に、言葉の壁を越え、世界中の人が共有し、楽しめる芝居であるマイムにのめりこむ。その後、学校公演等の活動を経て帰国し、拠点を東京に移し、活動を開始。

世界中での活動を視野に入れる中、日本人として、日本のことをより学びたい気持ちから受けた、第22代ミス伊豆の踊り子オーディションにてミスに選ばれ、2年間様々なイベントに参加。そんな中、サイレントコメディー・デュオが〜まるちょばプロジェクトの研究生オーディションを受け、合格し、新宿紀伊国屋ホール、神奈川芸術劇場KAAT等にて出演。

2012年BS朝日「小倉・住吉のおスミつき」にて、が〜まるちょば研究生の1人として密着取材を受け、そのTV出演を機に本名から芸名SATOCOに変更する。

現在は、ソロで様々なイベントや舞台、MV、WebCM、Webドラマ等に出演。2014年からはマイムとミュージシャン、声優、ダンサー等様々なジャンルのアーティストとのコラボLIVE “SATOCO企画”を主催しており、ユニークなステージを展開し絶賛好評を博している。(2016年9月現在15回開催)
2016年2月からは東京都町田市にあるYOKOTA BASE STUDIOにてパントマイム講師を務める。また、読売・日本TV文化センター よみうりカルチャーや大人の家庭教師トライ等でも講師を予定している。

 

★ショー★

東京タワー、ライブハウス、カフェ、レストラン、Bar、ホテル、幼稚園、デイケアセンターの施設やイベント等で、場所を問わず、子供から大人が楽しめる驚きと笑いありのパントマイムショーを繰り広げている。

身体一つでセット要らず。どこででも、広さも問題ご無用でできる楽しいパフォーマンスであることから、多方面で活動中。

 

★舞台★

舞台では、ソロ作品も発表しており、ストーリー性のある作品を作・演出・出演する。演劇畑からの転身を強みに、演劇らしい演じ方、作風で、言葉を使わないマイム舞台にして独特の空間を創り出す。人間らしい、人と人との心の通い、人の心の動きに注目した作品に共感を得る観客も多く、好評がある。一人二役三役…時には人間以外も演じ、時空を飛ばしたり、想像を創造できるマイムだからこそ、現実では不可能なことも可能にして表現する。

 

★コラボ★

ギターを弾き語り、バンドもしていた経験があり、音楽好きがこうじて、ミュージシャンとのコラボから始まり、ギタリスト、ドラマー、ボーカル、ピアニスト、ポリパフォーマンス、パーカッション、ヒューマンビートボクサー、声優、ダンサー等、現在は様々なアーティストとのコラボを展開中。

芝居、ショー、音楽のLIVEであったり、様々な形でステージを創る。

パントマイムの可能性、おもしろさ、まだまだ発見されていないエンターテイメントの引き出しを探る。

現在、神保町の楽器CAFEにてあらゆるアーティストとのコラボイベント「SATOCO企画」を定期開催している。