音声表現×無声表現

ごま豆腐@ごま屋
ごま豆腐@ごま屋

 ちょうど10年前、劇団を立ち上げ、旗揚げ公演をした。

 
私にとってターニングポイントであり、あの経験がなければ今私は芝居を続けていなかったかもしれない。今考えると無謀とも言える企画だったのではないか。メンバーはほぼ初舞台でありながら小劇場を借り、音響、照明、舞台美術、制作、役者、脚本、演出、全て劇団員が手がけたのだから。でもそんな企画があったからこそ今があるのでとても感謝している。いろんな助けを頂きながら試行錯誤し、無我夢中だった。
 
10年たった今、メンバーは皆大人とよばれる歳となり、それぞれの道を歩んでいる。
そんな舞台を共にしたメンバーの1人は、
今、ナレーターとして東京を拠点に活躍している。
昨日は胡麻専門店にて。
話せば話が盛り上がらないわけがなく、時間なんてあっという間。

言葉を仕事にしている者と、言葉を使わない者同士、真逆ともいえる芸について話した。発見や共感することがあり、とても楽しい時間だった。

お互い相変わらず表現したい気持ちがフツフツしている。
10年前、ある恩師から「心に燃えている火を消さないように、大切に。」と言われた言葉をフト思い出した。お互い、火が小さくなったり消えそうになったこともあったかもしれない。でも何故か消えずに燃え続け、表現することが身体の一部と化しているのだということを改て話してわかった。

そんな仲間がいて私は幸せである。
心から感謝。ありがとう!

ちなみに……ごま豆腐がたいへん美味でした!新宿東口からすぐのその名も「ごま屋」。ゴマ好きな方にはおススメです◎( ´ ▽ ` )ノ

SATOCO